‘私が今まで受けた療法’

ふくらはぎ療法(マッサージ)

 

整体学校で、全身をバランスを調整することを学んだ私は、新たに、身体の一部に着目した療法があること
を知りました。

それは、ふくらはぎを揉みほぐすという極めてシンプルなものでありました。

早速、興味を持ち、「ふくらはぎ健康法」と「万病に効く ふくらはぎマッサージ」
という本を購入しました。

どちらも石川クリニックの石川洋一院長の著書です。

読んでみると、ふくらはぎは、第2の心臓とも言われており、とても大切な器官であること、そして、
このふくらはぎを揉むと、血流の流れが良くなり、健康になると書いてありました。

ふくらはぎを調節し、働きを高めることで、身体の各機能や自律神経の失調、免疫の低下などあらゆる症状から
解放されるとも書いてあります。

私は自らもこれで健康になりたい、そして、施術家としても興味を持ち、2003年頃でしたでしょうか、
東京・六本木にある、石川クリニックに予約の電話を入れました。

予約は、10回コースで全部で6万円でした。

今も、その時もらったクリニックのチラシが残っておりますが、ふくらはぎ療法の効能が参考に書いて
おりますので、参考に記しておきます。

○高血圧 脳梗塞 狭心症 心不全(動機・息切れ・むくみ) 糖尿病 胃腸障害 腰痛 アトピー等皮膚疾患
ぜんそく 静脈瘤 生理痛 便秘 冷房病 偏頭痛 手のけいれん 不眠 肥満 過労 疲労 若返り

施術は、購入した書籍の著者でる、石川洋一先生がすべて行っているようで、私も、施術をしていただきました。

先生はご高齢ではありましたが、とても力強く、ふくらはぎを揉み、想像以上に痛くて、身体をのけぞったり、、
のたうちまわる状況でした。

のたうちまわるという経験自体も私の人生を通じて、これが最初で最後です。

私のふくらはぎは、とてもかたいので、体調が悪くて当然な状態らしかったです。

とにかく、痛みがあるのがその証拠でしたから、なるほどと納得して、しばらくこの療法は自分に必要なので、
続けてみようと思いました。

先生は、医師でもあります。

ご高齢も医師の方が、汗をかきながら、必死でふくらはぎを揉んでる姿に大変感動を致しました。

技術でけではなく、人を癒す、人を治す、誠意や真心を学びました。

聞くところによると、石川洋一先生はもうお亡くなりになったようです。

いまだに、あの一所懸命にふくらはぎを揉まれているお姿が、僕の目に鮮明に焼き付いております。

今となっては、ふくらはぎ療法の創始者である先生の治療を受けたことは、貴重であったと、ありがたく感じます。

いつしか、御恩も込めて、ふくらはぎ療法でやってみたいと思っております。

 

邪気祓い

 

それまで、自律神経失調症や喘息で悩んでいた私は、様々な治療や整体などの療法を試しましたが、
その時は一時的に調子が良くなるものの、いっこうに改善することはありませんでした。

そんな時、病気の原因は、もっと違うところにあるのではないかと思うになりました。

私は、人混みや電車に乗ると、すぐに疲れてしまい、ぐったりすることもよくありました。

人と話すと、なんだか話している相手の感情と同じになってしまい、悩みを聞いている時、自分もとても辛い
感情になり、悲しくなることもしばしばありました。

人の意見に左右されやすいこともあります。

人が『これはこうだ。こういうものだ』と目の前で強く主張すればするほど、その感情が自分に移入して、
いつしか自分の主張のようになってしまうこともありました。

ある時、会社の同期の友人が、『この会社よりももっと条件の良いところへ行くべきだと』僕に言いました。

それに強く反応した私は、その会社を辞めましたが、それを言った当人の同期の友人は辞めることは
ありませんでした。

そんなことを経験していくうちに、僕は、人一倍、物事や人に影響を受けやすい体質なのだと思うように
なりました。

もしかしたら、知らないうちに、自分にとってマイナスになる邪気が入ってしまっていて、
それが心身の原因になっているかもしれないと、

そして、もしかしたら、霊的なものが影響しているかもしれないと思うようになりました。

それで、初めて、霊能者の方に状況を鑑定してもらって、邪気祓いをしてもらおう、浄化、浄霊、浄霊を
してもらおうと決めたのです。

霊能の世界に縁遠い私は、インターネットで調べて探すしかありませんでした。

たくさんの霊能者の中で、誠実そうな方を一人見つけて、早速予約して行きました。

その時の、状況は以下のようなものでした。

~内容~

●霊はとり憑いていない。
●運勢自体は良い。
●邪気がいっぱい憑いている。今まで段々ついて蓄積し、これ以上憑いたら今度は自ら邪気を発することになる。
昔住んでいた所に、水に関係する井戸のようなものがあったかもしれない。その水は汚れていて邪気を発している。
●霊を見るというのではなく、敏感な体質である。邪気を受けやすい体質である。これが原因で体調が悪くなっている。
●今まで、ヒーリングなどで邪気をとってもらっていたが、邪気はそう簡単にはとれないものである。

ということで下記の邪気祓いをして頂くことになりました。

○遠隔で、1週間邪気をとりお清め。時間帯は夜中1時~3時。最終日に結界でバリアーを張る。
ただし、結界を張っても、ネガティブな思考や感情は自ら邪気を生むので注意するようにとのこと。
また、飲酒は禁止。ホラー映画を観るのも邪気を生むので止めるようにとのこと。

○邪気をとって何でもない人がいるが、体調が悪くなる人もいる。
○邪気があると、あれこれ迷う。「何かをしていなければ」とあれこれといろんな事に手を出すものである。
しかし、邪気がとれれば落ち着くようになる。
○お墓参りに行ったり、お線香をあげたりした方が良い。ご先祖様が子孫の繁栄を願っているものである。

~以上~

私の場合は、お祓いを受けている時は、実際に手足や目から邪気が抜けていくのを感じ取ることができました。
その時、霊的なことに抵抗がありましたが、可能性として、邪気祓いを受け入れたことは正解であると思いました。

その時の邪気祓いの料金は確か、6~7万円でしたが、納得しております。

それ以来、私の自律神経失調症や喘息も段々と良くなり、今では自分自身で、浄化や浄霊も行うことが
できるようになって、すっかり、健康になり、今度は他の方を癒すことになったわけです。

この実体験から言えることですが、深刻で急を要する場合はそうも言っておれませんが、霊的な事に抵抗のある方
には、最初からいきなり、無理に霊的な対処、つまり浄霊はしなくてもいいかもしれません。

体調が悪くて心当たりのある方は、私のように、霊的もの以外の邪気(悪い水の氣やネガティブな想念、
電磁波など)でしたら抵抗もないので、まずはそういった邪気を祓ってもらって、その効果を実感してみるのも
良いのではないでしょうか。

 

むつう整体

 

ある時、むつう整体という療法があるのを知りました。

私は、整体学校を卒業して資格を持っておりますので、様々な整体のテクニックを
知っておりますが、むつう整体の内容は、その私にとっても目新しく、興味をそそりました。

他の整体との違いは、

○波動により脳幹を刺激して、神経システムが正常にする。
○内なる生命力「イネイト」が健康の鍵を握っていること。

です。

根本的に、自分の身体の神経バランスを整えたい、そして、脳幹の刺激ということに引きつけられて、
当時、東京駅近くの日本橋にあった治療室へ通い出しました。

この療法を考えた方が、院長の木村仁先生で、その院長自身に説明をして頂き、納得の上で治療を受けました。

むつうとは無痛のことであり、その字の通り、まったく、外から力を加えずに行いますので、
痛いものではありません。それどころか、体にさわりもしません。

ある姿勢のまま、ベッドに横になり、脳幹に刺激を送り、停滞している内なる自然、生命力である、
イネイトの流れを整えていくます。

治療院内はイネイトの波動が充満しており、それがどうやらイネイトの流れを整えるようです。

簡単に言うと、波動による共振で、脳幹を活性化し、そしてイネイトを流すということです。

この波動共鳴の原理を応用したアディオ・イフ(ADIO・if)というペンダントがあり、これも購入して、
日頃からイネイトを流すことを意識するようになりました。

そして、いつしか、木村仁先生の著書も何冊か読むようになりました。
また、このイネイトの実践の研究会にも出たことがあります。
脳幹のしくみにとても関心があったからでしょう。

この脳幹には、延髄、中脳、間脳があり、生命を維持するとても大切な器官があります。
脳幹を刺激し、活性化することは確かに、健康にとても重要であるということをここで学びました。

健康のみならず、さらに、人間が持っている、本能や能力をも回復し、さらに高めるものである
ことも感じました。

今、私は、「脳幹ヒーリング(気功)」をメニューに入れてやっております。
私なりの気功の経験を合わせて、この原理を応用して、行っております。

この脳幹は、私にとって、施術家として、とても大切な器官であることは間違いないでしょう。

 

クレニオセイクラル・ワーク(頭蓋仙骨療法)

 

今から10年ほど前、19歳から自律神経失調症で苦しんだ私は、様々な療法を
試してきておりました。

「何か良い療法はないか」といつも探していたように思います。

ある時、インターネットでクレニオセイクラル・ワーク(頭蓋仙骨療法)という療法があるのを知りました。

クレニオとは頭蓋骨、セイクラルとは仙骨のことであり、その間をつなぐ脊髄を流れる脳脊髄液の流れを
調整して、人が本来持っている自然治癒力や免疫力を高めるというものです。

自然治癒力を手技により引き出す、オステオパシー療法の一分野です。

また、自律神経やホルモンのバランスも整えるということで、ネットで調べて、都内にある、「天籟」という所
に通うようになりました。

マッサージや整体と違って、とにかく、頭部を中心に優しくタッチ(身体に触れているかいないかという位)
していくのが特徴です。

身体も体もゆっくりとほぐれていき、終わった頃は、ストレスもすっかりとれていて、スッキリします。

病気を治す為というより、この気持ち良さが病みつきになり、何回も通ったのかもしれません。

施術は、二人で行ってくれるので、とても贅沢な時間でもありました。

この療法は、急に身体の変化が現れるというよりも、見えないところで、身体の
ベースの部分で、向上していくものなので、病気の予防や日頃の心身のメンテナンスにも適しているでしょう。

このクレニオセイクラル・ワークを受けることで、施術の際には、「身体に必要以上に強い力を加える必要がない」
ということ、「身体は精妙」であり、ほんの少しのタッチでも変化してしまものだと言う事を学びました。

今、私が、身体を触れない気功をメインにしているのも、こういった実体験からきているのです。

 

貴峰道 ごしんじょう療法

 

今から7~8年前のことでしょうか。

体のツボの雑誌に聞きなれない療法が紹介してあり、思わず、目がとまりました。

そこにはこう書いてありました。

「貴峰道 ごしんじょう療法 ~純金の2本を巧みに使いながら治療」
「推薦者○○○ 強度の寝違いが1回の治療でケロリ。邪気が抜けていくような感じがしました。」

「純金???」
「邪気を抜く???」

邪気が自分の中に溜まっていて、それが起因して、長年の自律神経失調症(心身症)や喘息になっている
部分が大きいのではないかと思っている頃でしたので、とても興味を引き、早速、ネットで調べてみました。

身体に身体に停滞している、電磁波などの邪気をとって、本来の正しい気(エネルギー)の流れにすることで、
がんの痛み、難治性の頭痛、リウマチ、神経痛、椎間板ヘルニア、花粉症、アトピー皮膚炎、喘息などが
改善するとのこと。

そして、何より、目を引いたのが、主宰している方の「奈良県吉野大峯山・大先達」
というプロフィールでした。

「たんに純金を使うのではなく、何か特別なエネルギーが働いているかもしれない」
と、ここで、持病の喘息や自律神経失調症を改善してみようかなと思いました。

ホームページを見ると、どうやら、本部が都内にあったので、
早速、予約して、何度か通院しました。

純金の棒で、身体をこすり、体内の邪気を抜き、その後に手やうちわで
邪気を飛ばすといった作業を1時間ほど。

とくに僕の場合は頭部に電磁波が溜まっていたようです。

こめかみ、顎の部分を集中的に行いました。
施術の最中は、手足の先からなにやら気持ち悪いものが抜けて行くような
そんな、感覚を受け、効果を感じました。

同時に、自分で邪気を祓う秘伝の方法も教えて頂き、それは今も、
時々、実践しております。

この貴田晞照先生は、修験道をされているだけに、パワフルでそれだけでも、
何か、自分に変化が起こるのではないかと期待させるところがあります。

また、日本舞踊もされていて、人間的にも奥深い方だと思いました。

この療法は、主に、電磁波が過剰に体内に溜まることで、関節などに痛みがある
症状に有効ではないかと思います。

整体学校も卒業し、さらに様々な施術スキル(技術)に関心のあった頃でした
ので、邪気をとることをもっと知りたいと、先生の著書「超医療 御申じょう」や
「万能治療」を読んで、勉強させて頂きました。

私が、今、他の方の邪気を払ったり(祓ったり)、浄化や浄霊(除霊)をしている
のも、少なからず、この療法を受けた事が影響しております。

 

« Older Entries
  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >