‘気功師 コラム’

ドリームサークル☆バージョンアップ~ゆるゆる覚醒~に感謝―☆

20130216_181055

20130216_193324
 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は、東京の表参道にて、無事、ワークショップ「ドリームサークル☆バージョンアップ~ゆるゆる覚醒~」が成功で終りました。

ご参加のみなさんありがとうございました。

1361056661541

告知から当日までが短かったのですが、お手伝いスタッフも含めて、11人の参加

があり、とてもうれしかったです。

当初は、龍好きが集まる、先月の「龍とともにクラス会」のオフ会の席で、

『Aoi☆あおいみさと(さん)をプロデュースする!!!』と僕が言い出した事から

この企画が始まりました。

「プロデュース」という事で僕のビジネスモードにスイッチが入り、僕一人、

突っ走っていた感があったのですが、

段々、彼女のエネルギーはきっちりと段取りを組まない方

が活きてくると思うようになってきて、

結局は、「ゆるゆる」でということになりました。

僕自身の事でいうと、

きっちり系とゆるゆる系の二面性がありますが、今生では、きっちり系

ばかりやってきてしまい、バランスを崩しているということも今回の事で

わかりました。

「ゆるゆる系を楽しみなさい」

そういうことだったのではないかな

とそんなことがうれしくもあります。

で、これが

僕の「ゆるゆる覚醒」の始まりだったのであります。


もしかして僕が一番このワークショップの恩恵を受けていくかもしれません。

きっちり系とゆるゆる系がこれから統合すると

僕はもっと素敵な人になっているでしょう。

楽しみにしていてください。

なわけで、今度は、純粋に

個人的に集まって、

遊んじゃおうという話しになってます。

完全にゆるゆるでいきますよ(*^_^*)

こうご期待

※当日の様子は、Aoi☆あおいみさと(さん)のブログでわかりますので、参考に載せておきます。

ドリームサークル~ゆるゆる覚醒編、終了!!

 

 

九頭龍神社と箱根神社

20130213_090623

「九頭龍」とう名前を初めて聞いたのは、今から10年ほど前のことです。

深澤杏美さんのスピリチュアルカウンセリングを受けた時、

「箱根の九頭龍のサポートがあなたに入ったら強い。もの凄い力になる。」

とのアドバイスを頂いて、九頭龍の存在を知りました。

それ以来、九頭龍神社のことは、いつも心の中にありました。

機会があれば、行こう。

どうせ行くなら、月に1回、斉行される、本宮月次祭に参列しようと決めておりました。

タイミングが合う時がその時と、九頭龍神様に呼ばれるのをずっと待っておりました。

やっと、10年経ち、その時はやって参りました。

今年の2月13日にその時を迎えました。

本宮月次祭は、九頭龍神様のご神徳に感謝し、ご加護を祈願する御神事です。

最近では、良縁に恵まれるということで人気となり、多くの女性が参列しておりました。

私は、「心願成就」の申込みをして、ご祈祷をお願い致しました。

箱根大神の御力を借りた万巻上人が毒蛇を調伏して、芦ノ湖の守護として蘇らせたのが、九頭龍神です。

九頭龍神社と箱根神社を参拝することで、よりご加護が受けられるのです。

私も、九頭龍神社本宮月次祭の後に、箱根神社、そして境内右手にある、九頭龍神社新宮をお参りしました。

九頭龍神社で、ご祈祷をして頂いている時に、感じたことがあります。

ハートと丹田を結んだラインがビジョンとして浮かびました。

それは、この場所この九頭龍の地と同じく、人間にも龍脈のラインがあり、

ここに来ると、人の天と地のラインも出来上がる。

そして、その縦のラインに複数の横のラインが交叉したビジョンも浮かびました。

横のラインは、天下太平という意味。

太平の世は、ここ龍神の地より世界へ横へ広がっていくという意味である。

これから、私は、横へ横へと世界を拡げていくことに関わっていくことも暗示しております。

その為に、まず、感じたことをそのまま、現実として展開していきます。

まさに、九頭龍様はやはり私に力授けてくれました。

己の使命を再確認できたこと、
意志の力をさらに高めてくれたこと

九頭龍神様、感謝致します。

 

「不動真言」と「光明真言」

 

先月から「丹田」というキーワードが急浮上してきた。

丹田のワークは、もう10年以上前からだろうか、

調和道丹田呼吸法に通い出したのが始まりだったと思う。

それ以来、丹田を意識したワークに取り組んできていた。

数年前に、丹田呼吸法は普段の生活の中で、できるときに行えばいいと、

教室に通う事もなくなった。

しかし、ここにきてまた、その必要性が出てきたようである。

それと同時期、つまり先月から、不動明王様の真言を唱え出した。

この真言は、魔を祓い、調伏する真言である。

 

【のうまく さんまんだ ばさら だん せんだ まかろしゃだ

そわたや うんたらた かんまん】

 

これを唱えて、感じた。

・これは自分のエネルギーを増幅する。
・一瞬にして、グランディングする。
・丹田を強化する。

つまり、意図せずに、不動真言により、この「丹田を強化する」を行っていたことがわかった。

この真言は、また、自分が自分であることを再確認する効果もある。

自分に関する質問は、他に求めるのではなく、自分に問えばいいのである。

また、この真言によって、不浄なるもの、魔物を寄せ付けなくなった気がする。

そして、さらに、もう一つ真言を唱えることになった。

不動真言だけでは、何か物足りないと思ったのである。

その真言とは、光明真言であり、その功徳は大きく、最も重要な真言と言われている。

大日如来様の真言であり、不動明王様の反身の存在である。

 

【おん あぼきゃー べいろしゃのう まかぼだら まに 

はんどま じんばら はらばりたや うん】  

 

これを唱えて感じたことは、

「解放と光につながる」ことである。

体の邪気が払われていき、光に包まれ、やがて光につながるようである。

邪気は、光という聖なるエネルギーで払われたのであろう。

それは、ハート中心に行われる。

とすると、この2つの真言は2つで意味があることがわかる。

不動真言によって、地につながり、
光明真言によって、天につながる。

だから、まずは、私に、

丹田が必要なのだと、

不動真言が必要なのだと、

そして、

光明真言により、

天地とつながりなさいと

ハートの解放だけではなく、

丹田のエネルギーを上げなさいと

そういうメッセージが、下ったのではないかと
そう思うのである。

 

ソウルトラベル

 

最近の1週間、仕事も何もせずに、瞑想に取り組んだ。

はじめてのソウルトラベル。

いや、眠っているときにしているので、
正確には、起きているときに意識的に行うのは
はじめてだ。

この瞑想により、一時的に自分の肉体を離れ、

魂の階層である、

第1次元の 物理世界・・・生まれ変わり、学ぶ
第2次元の アストラル界・・・感情体
第3次元の コーザル界・・・アカシックレコード、体験の蓄積
第4次元の メンタル界・・・思考体
第5次元の エーテル界・・・スピリチュアル・精神的なつながり、
第6次元の 魂(ソウル)界・・・存在の本質
第7次元の 神界・・・創造の中心

を体験することができた。

各階層の波動を表すマントラを唱え、
各階層に対応した色をイメージすることで、

すぐにその階層につながることができた。

頭の中で、いつもと違う世界に一気に行ってしまう感覚。
すごい速さで何かが展開している感覚。

それぞれの世界のバイブレーションは違うので、
宇宙の音や波の音、蜂の羽の音が、チャクラから聞こえてくる。

やがて1週間位してから、瞑想をしていないのに、
ずっと、瞑想しているような、自分が常にここにいないような
感じになってしまって、

昨日は、何も手につかず、
部屋でぼーとして、体調も悪かった。
エネルギーが常に流入している感じで。
エネルギー酔いのような。

1週間、あらゆる階層を幾度も経験して、
ついに全階層からエネルギー同時に、流入してきたんだと
気づいた。

つまり、そもそも人は、全階層世界を、内胞しているのであって、
自分自身が、ずべてつながったのだと思った。

そして、今、気づいたのは、
人は、この魂のことを中々理解できていないし、
各階層もつながれていないのではないか、

そして、つながることがいかに
幸せに気づけるか
幸せを実現できるか
にかかわっていることを知りました。

思ったことは実現する
思考が現実化する

ここに心配や迷いが介在しなければ、

本当になるのだと心底
理解しました。

なぜなら、すべては、
つながっているのだから。

そして、すべては、自分の中にあり
自分次第なのだ。

 

龍神祝詞(りゅうじんのりと)

 

日課として、龍神祝詞(りゅうじんのりと)を上げております。

私を守護してくれているのは龍であり、また、聞くところとによると、

ご先祖様が黒龍信仰をしていたりして、

とても、ご縁が深いです。

そして、私自身が龍の気質がとても強いです。

そういうこともあって、龍による気功(ヒーリング)をすることになり、

また、お祓いや浄霊まで行うに至っております。

 

以下に龍神祝詞(りゅうじんのりと)を記します。



高天原に坐し坐して天と地に御働きを現し給う龍王は

大宇宙根源の御祖の御使いにして一切を産み一切を育て

萬物を御支配あらせ給う王神なれば

一二三四五六 七八九十の

十種の御寶を己がすがたと変じ給いて

自在自由に天界地界人界を治め給う

龍王神なるを尊み敬いて

真の六根一筋に御仕え申すことの由を受引き給いて愚かなる心の数々を戒め給いて

一切衆生の罪穢の衣を脱ぎ去らしめ給いて

萬物の病災をも立所に祓い清め給い

萬世界も御祖のもとに治めせしめ給へ と

祈願奉ることの由を聞こし食し

六根の内に念じ申す大願を成就なさしめ給へと恐み恐み白す



 

« Older Entries